事前の検査と術後の経過 - プレ・レーシック手術

『プレ・レーシック手術』が事前の検査と術後の経過について説明します。手術前の検査については、レーシックについてご自身が理解できるまで医師との入念に話し合うことが大切です。自分の目の状態を知ること、術後の想定される視力などを把握しておきましょう。手術の方針なども医師に聞いてみるのも大切なことです。術後の経過についても、その後の日常生活に大きく関わってくることですので、事前に医師からレーシックの効果やメリット、リスクなどの説明を受け、快適な生活を過ごすための準備を整えましょう。

事前の検査

事前の検査によって目の角膜の形状や状態などのデータをとり、レーシック手術に適正かどうかを検査します。近視や遠視の具合、そして角膜の状態は人によってそれぞれです。満足のいく治療効果を得るために、ご自分の眼の状態をしっかりと把握しましょう。

そのためには、事前のしっかりとした検査が不可欠です。検査結果によっては手術を受けることができない場合もあります。検査の結果を参考に、信頼のおける医師と相談して、手術の内容について十分に納得した上で治療を受けることをおすすめします。

術後の経過について

角膜のレーザーによって修正された部分は、時間がたつにつれて徐々に治癒していきます。ほとんどの方は1日で目標視力まで回復し、違和感もなくなります。個人差があるものの、視力が完全に安定するまでに1ヶ月くらいかかります。また、術後3ヶ月くらいは、視力が微妙に変化することもあります。また、術後の経過を見るために定期検診を受ける必要があります。

また、近視状態がが突然解消してしまうことになるので、水晶体の調節や神経的な調節が追いついてくるのに1〜2週間くらいかかることがあります。術後の痛みや合併症も起こりえます。詳細は当サイトの『レーシックのリスク』で確認しましょう。これらのような術後の変化についても、手術前に前に医師からしっかり説明を受けておきましょう。


レーシック眼科クリニックランキング!
  • 品川近視クリニック - 世界最高水準の最新機器を導入し、安全性の高いレーシック治療
  • 神奈川クリニック眼科 - 東京、大阪が拠点のレーシック・視力回復手術専門施設。
  • 錦糸眼科 - 近視手術、視力回復手術、レーシック手術等、国内最多の治療実績。
  • 眼科松原クリニック - レーシックを中心とした視力回復手術の実績は、8,000症例を誇ります。
  • 加藤眼科 - 最新の設備を備えて患者様本位の治療を行っております。