レーシック手術の流れ - プレ・レーシック手術

レーシックの手術前に麻酔を点眼後、角膜を薄く削りフラップを作ります。フラップ(蓋のようなもの)をめくり、エキシマレーザーを角膜に照射することによって組織を矯正し、角膜の屈折力を変えます。

レーシック手術の流れ
@点眼麻酔
手術の前に、麻酔用の点眼薬を数滴さし、目を洗浄します。
Aフラップの作成
角膜の表面にマーキングをし、マイクロケラトームという器具で、角膜の表面を削りフラップをつくります。
Bフラップを開く
フラップ(薄く削った一部分)を開きます。
C屈折矯正
レーザーを照射し、(レーザーは数秒から1分以内で終了します)角膜の形状を変えていきます。
Dフラップを戻す
フラップを元の位置に丁寧に戻します。
E消毒・洗浄
目を洗浄し、消毒をして、施術は終了です。手術時間は両眼で約20〜30分です。
レーシック手術 - CHECK POINT!
  • レーシックの手術時間は約20分です。
  • 実際、レーザーを当てる時間はだいたい数十秒です。
  • レーシック手術を受けた当日日に帰ることができ、帰宅後のケアも点眼剤を点すだけです。
  • 手術直後は違和感を感じますが、すぐに視力が回復し始め、翌日には目標の視力まで回復する場合もあります。