目・視力の仕組み - プレ・レーシック手術

プレ・レーシック手術が、目・視力の仕組みについてイラストを用いながらわかりやすく説明します。レーシックを理解するのと同じように、眼の構造や視力の基礎知識をしることでレーシックに対する理解も深まります。

目はさまざまなはたらきを持つ物質同士が連携し合って映像を認識しています。要するに、カメラのピントと同じ原理なのです。見る対象物との距離によって目のレンズを動かし、調整してピントを合わせているのです。


眼の仕組みを正しく理解する

下の図は、眼の断面の構造で複雑でわかりにくい視力のしくみをわかりやすくあらわしたものです。人が物を見るときは、角膜と水晶体をつかって入ってきた光を屈折させ、網膜にピントを結ぶことによって、物の形状や色彩がわかるのです。レーシックを正しく理解する前に、まずは眼や視力がどのような仕組みなのかを以下の項目を参考にしながら理解しましょう。

※各名称部にマウスを乗せると画像の色が変わります。

眼・視力のしくみ

網膜
網膜とは眼球の奥にある薄い膜のことです。カメラでいうフィルムの役割を果たしています。瞳から入った光が焦点を結ぶ所で、眼で見た物体を実像化させる部分です。

虹彩
虹彩とは黒目の内側で瞳孔より外側のドーナツ状の部分のこと。瞳孔の縮小・拡大を調整する筋肉から成る組織です。

瞳孔
瞳孔とは虹彩の中央にある黒い部分のことで、ここから光が入ります。光の入る量を調整している部分のことです。

角膜
角膜とは眼球最前部の透明な5層からなる一番外側の組織で、黒目の部分を被っています。
※レーシックでは角膜を形成することで網膜にピントを合わせ、視力矯正します。

毛様体
毛様体とは毛様体筋と血管網と色素から成る組織で、水晶体の厚さを調節します。眼精疲労になると調節できなくなります。

水晶体
水晶体とはいわゆるレンズに相当する部分です。水晶体の厚さを変えることで、近くにも遠くにも焦点が合わせられる仕組みになっています。


レーシック眼科クリニックランキング!
  • 品川近視クリニック - 世界最高水準の最新機器を導入し、安全性の高いレーシック治療
  • 神奈川クリニック眼科 - 東京、大阪が拠点のレーシック・視力回復手術専門施設。
  • 錦糸眼科 - 近視手術、視力回復手術、レーシック手術等、国内最多の治療実績。
  • 眼科松原クリニック - レーシックを中心とした視力回復手術の実績は、8,000症例を誇ります。
  • 加藤眼科 - 最新の設備を備えて患者様本位の治療を行っております。