近視の仕組み - プレ・レーシック手術

近視とは

近視とは、光が網膜よりも手前で焦点が結ばれてピントが合わず、ものがぼんやり見えてしまう状態のことをいいます。

網膜に焦点を結ばない原因として、角膜から網膜までの長さが正常よりも長い場合と、角膜や水晶体の屈折力が大きすぎる場合とがあります。前者を「軸性近視」といい、後者を「屈折性近視」といいます。

右の図を見てみましょう。正視の場合はきちんと網膜にピントが合っているのがわかります。これにより、眼で見た対象物をはっきりと実像化することが可能です。

しかしながら、近視の場合は網膜より前にピントが合ってしまっています。

近くのものを見るときは、眼の中のレンズである水晶体を調節することで見ることができるが、遠くなると調整できなくなるために像がぼやけてしまうのです。

正視


近視
近視は光が網膜よりも手前で焦点が結ばれてしまう。

近視の原因と症状

近視の原因は?遺伝?

日々の目の悩みからの解消される効果
近視の原因に定説はなく、遺伝的な要素と後天的な影響が関与していると考えられています。

眼軸長の長い短いは遺伝的に決定されます。遺伝的といっても、詳しい遺伝形式は解明されておらず、両親の眼軸長が長いからといって必ずしも子供の眼軸長も長くなるとは言えません。角膜・水晶体の屈折力についても、やはり遺伝形式については解明されていません。
後天的な影響として考えられるのは次の通りです。


 【近視の考えられる原因】
  • 目から近い距離で作業をしすぎたため
  • 偏食などの生活習慣
  • 体質
  • 姿勢
  • ストレス

レーシック手術でどれくらいの効果が望めるかは、必ず事前の検査をして確認してみましょう。信頼のおけるレーシッククリニックの医者に判断を仰いでみてはいかがでしょうか。

近視の症状とは?

日々の目の悩みからの解消される効果
レーシック手術のメリットは、近くのものははっきり見えても、遠くものがぼけて見えてしまいます。

また、レーシックやメガネ、コンタクトレンズで視力矯正をしない場合は、以下のようなクセや症状が生じ安い傾向にありますので確認しておきましょう。


 【近視の症状】
  • 肩こりしやすくなる
  • 歩行中につまづきやすくなる
  • 目を細めてものを見てしまう
  • 根気がなく飽きやすくなる

このように近視は、遠くが見えないだけではなく、何らかの二次的な疾患がからんでいます。またそのような症状に発展していく可能性や、体全体の健康に影響を及ぼすこともありますので、眼科での定期的な検査や診療が不可欠になります。