遠視の仕組み - プレ・レーシック手術

遠視とは

遠視とは、像を写す網膜より後方で焦点が結ばれてしまうことをいいます。

遠視とは、像を写す網膜より後方で焦点が結ばれてしまうことをいいます。遠くが良く見える目を遠視というのではありません。遠視になると手元のものも遠くのものもぼやけて見えてしまいます。遠視は、年齢が若いうちは屈折力の弱さを水晶体の調節である程度補うことができるため、なかなか見つけられないという点があります。

右の図を見てみましょう。正視の場合はきちんと網膜にピントが合っているのがわかります。これにより、眼で見た対象物をはっきりと実像化することが可能です。

遠視の場合は網膜より後方にピントが合ってしまって、像がぼやけてしまいます。

遠視は常にピントを合わせようと調整し続けているので眼精疲労や肩こりの症状がでやすいのです。

正視


遠視
遠視は網膜より後ろにピントが合ってしまういます。

遠視の原因と症状

遠視の原因は?遺伝?

ピントをあわせる能力が乏しい
遠視になる原因として遺伝や生まれ持った体質によるところがあるといわれていますがはっきりとした原因はわかっていません。

主な原因としては、角膜や水晶体の屈折力が弱いこと、もしくは眼軸長(眼の長さ)が短いことなどがあげられます。要するにピントをあわせる能力が乏しいのです。遠視の矯正方法としては、凸レンズのメガネ、コンタクトレンズで行います。

遠視は、年齢が若いうちは屈折力の弱さを水晶体の調節である程度補うことができるため、なかなか見つけられないという点があります。

遠視の症状とは?

手元のものも遠くのものもぼやけて見える
遠視になると手元のものも遠くのものもぼやけて見えてしまいます。
こどもの場合、遠視であっても調節力が強いため、症状があらわれない場合が多いのですが、軽度の遠視であっても年齢を重ねたりすると症状があらわれます。では強度の遠視になるとどのような症状があるのでしょうか。以下をご参考にしてください。


 【遠視の症状】
  • ものがぼやけて見える
  • 眼精疲労や頭痛・肩こり
  • 遠視の度が強くなると、内斜視になる可能性
  • 小児の場合、弱視になる可能性

強度の遠視では、はっきり見るために余分な調節が必要なので、目が寄ってきて内斜視になります。また、調節の努力をしてもピントが合いにくくなります。小児では、この状態のまま、矯正しないでおくと視力の発達が止まって弱視になる可能性もあります。


レーシック眼科クリニックランキング!
  • 品川近視クリニック - 世界最高水準の最新機器を導入し、安全性の高いレーシック治療
  • 神奈川クリニック眼科 - 東京、大阪が拠点のレーシック・視力回復手術専門施設。
  • 錦糸眼科 - 近視手術、視力回復手術、レーシック手術等、国内最多の治療実績。
  • 眼科松原クリニック - レーシックを中心とした視力回復手術の実績は、8,000症例を誇ります。
  • 加藤眼科 - 最新の設備を備えて患者様本位の治療を行っております。