乱視の仕組み - プレ・レーシック手術

乱視とは

乱視とは、一般的に、乱視は角膜と水晶体のゆがみが原因で、像が網膜に届くまでに乱れてしまう状態のことを言います。

光を屈折させる機能があるこれらの部分にゆがみがあると、縦方向や横方向の屈折率に異常が生じてしまい、網膜に焦点が合わず遠くも近くもぼやけてしまいます。

右の図を見てみましょう。正視の場合はきちんと網膜にピントが合っているのがわかります。これにより、眼で見た対象物をはっきりと実像化することが可能です。

乱視の場合は目のピントの合う距離が縦方向と横方向で違うといった状況が起きてしまいます。

どこにも焦点が合わない状態のため、ものが二重以上に見える、たての線や横の線がぼやけるといった見え方をします。ピントが合うところがないため、近視や遠視以上に目が疲れる場合が多いと言えるでしょう。

正視


乱視
乱視はどこにも焦点が合わないため、にものが二重に見えたりします。

乱視の原因と症状

乱視の原因は?

ピントをあわせる能力が乏しい
乱視になる原因として、多くの場合角膜が原因となっています。眼球の表面にある角膜は、理想的には丸い形をしていて、光を透過して網膜で像を結ぶことが求められます。しかし人間の眼は個人差があり、角膜の形状も左右上下対象なカーブを描くことなく、ラグビーボールのように歪んでいる場合があります。

その歪みにより屈折力に差が生じ、網膜上で正常な像を結ぶことができなくなります。視界がぼけてしまうことになるのです。

また、水晶体も先天的、あるいは後天的に、眼球の大きさや長さが異なることがあります。そのために乱視をまねくこともあります。

乱視の症状とは?

手元のものも遠くのものもぼやけて見える
近くも遠くもぼやけて見にくくなるため、必要以上に見ようと目を酷使して、眼精疲労になりがちです。最近、目の疲れ、肩こりなどがひどいと感じる場合は、乱視を疑ってみる必要もあります。


 【乱視の症状】
  • 近くも遠くも見にくい
  • 眼精疲労になりがち
  • 肩こりになりやすい
  • ものの輪郭が二重に(だぶって)歪んで見える。

乱視の強い人は、メガネによる視力の矯正ができない場合が多く、このような時は乱視用のコンタンクトレンズを使用すると、より良い矯正が得られます。また、不正乱視の場合もコンタクトレンズで矯正した方が良いでしょう。もちろんレーシックで視力矯正すれば、視力鮮明な裸眼の状態での生活が可能となります。


レーシック眼科クリニックランキング!
  • 品川近視クリニック - 世界最高水準の最新機器を導入し、安全性の高いレーシック治療
  • 神奈川クリニック眼科 - 東京、大阪が拠点のレーシック・視力回復手術専門施設。
  • 錦糸眼科 - 近視手術、視力回復手術、レーシック手術等、国内最多の治療実績。
  • 眼科松原クリニック - レーシックを中心とした視力回復手術の実績は、8,000症例を誇ります。
  • 加藤眼科 - 最新の設備を備えて患者様本位の治療を行っております。