レーシックに向かない人 - プレ・レーシック手術

プレ・レーシック手術では、レーシックに向かない人について案内しています。以下のような方はレーシックには不向きかもしれません。レーシックを受けることを検討されている方は、医院にカウンセリングに行かれる前に、一度自己チェックしてみるのもよいでしょう。


レーシックをおすすめできない例
■年齢的に適さない場合

●未成年
未成年の方は、眼球がまだ成長段階であるために視力が不安定で、レーシックの効果も安定したものにならない可能性があります。視力が安定してから手術を受けるのを考えたほうがよいでしょう。
※医師と相談した上、保護者の承諾があれば手術を受けられる場合があります。
●高齢者
すでに老眼の症状のある場合は、レーシックで視力回復することができません。また、加齢による白内障を起こしている場合も、レーシックを受けられない場合があります。
※検査を受けて問題がなければ、手術を受けることができます。


■職業的に適さない場合

●パイロット・運転手・格闘家など
術後の一時的な症状などが職務の妨げとなる職業(パイロット・運転手など)の方や目を負傷する可能性のある職業(格闘家など)の方は、レーシックを受けられません。
※ 運転やボクシングなどを趣味としている方も、必ず医師にご相談下さい。


■疾病により適さない場合

●網膜剥離、白内障・緑内障・結膜炎などの眼の疾患を患っている方
網膜剥離、白内障・緑内障・結膜炎などの眼の疾患を患っている方は、手術への大きなリスクが伴うため、レーシックを受けることができません。
●糖尿病、肝炎、膠原病などの内科的疾患のある方
糖尿病、肝炎、膠原病などの内科的疾患のある方は、疾病の影響で角膜の再生・治癒が遅いため、レーシックを受けることができません。


■その他

●角膜が薄い方
 レーシックを行うためには、角膜にある程度の厚さが必要です。何らかの理由で角膜が薄くなっていると、レーシックを行えないか、もしくは、治療後の裸眼視力を低めに検討する場合があります。
●妊娠・授乳中の方
感染症防止薬を服用できないことがあります
●重度のドライアイの方
レーシックによって、悪化する恐れがあります。

※上記はいずれも事前に検査を受けて問題がなければ、手術を受けられる場合があります。医師にご相談の上、最適な方法をご検討下さい。


レーシック眼科クリニックランキング!
  • 品川近視クリニック - 世界最高水準の最新機器を導入し、安全性の高いレーシック治療
  • 神奈川クリニック眼科 - 東京、大阪が拠点のレーシック・視力回復手術専門施設。
  • 錦糸眼科 - 近視手術、視力回復手術、レーシック手術等、国内最多の治療実績。
  • 眼科松原クリニック - レーシックを中心とした視力回復手術の実績は、8,000症例を誇ります。
  • 加藤眼科 - 最新の設備を備えて患者様本位の治療を行っております。