レーシックのリスク - プレ・レーシック手術

安全性の高さで評価されているレーシックにも、同時に医学的手術であるため多少のリスクがあることを知っておく必要があります。事前に正しく理解しておくことで、リスクを避けたり、軽減したりすることが可能です。


レーシックの合併症

■ ハロ・グレア
夜間や蛍光灯の下で光がにじむようにまぶしく感じたり、光の周りがぼやけて見えたりする症状です。手術で修正した角膜の内側と外側で光の焦点に違いの出てしまうことが原因で、一般に瞳孔が広がりやすい若い人に出やすいという傾向があります。
 ほとんどの場合、 3ヵ月程度でこの症状は次第に消えていくと言われていますが、強度近視の場合は症状が残る可能性もあります。

■ ドライアイ
・ 短期的なドライアイ
術後1〜2週間のあいだ、手術自体の影響からくる目への刺激で、乾く感じが続き、特に朝起きた時にドライアイを強く感じる傾向があります。

・長期的なドライアイ
フラップを作成することで、角膜の神経が寸断され、角膜の知覚が低下するためです。寸断された神経は、通常3ヶ月から6ヶ月で元の状態に戻ります
 この症状については、目薬や涙点プラグを挿入することで症状の緩和が可能です。

以下にもレーシック手術にて起こりうる合併症をまとめました。チェックしてみましょう。

■数週間で治療する合併症

  • 涙目になる
  • 手元にピントを合わせるのに目に力が入る
  • 目に異物感を感じる
  • 白目の充血

■医師の処置が必要な合併症

  • 過矯正や遠視気味になる
  • 低矯正や近視が残る
  • 角膜の感染症
  • 術後数週間は近くを見るのが大変

その他、考えられるトラブル

■その他のリスク

  • 衛生上の問題から感染症が発生する
  • 適応検査の結果、手術を受けられない人もあること
  • 筋トレやジョギングなど術後1週間は禁止(球技は2週間くらい、水泳などは1ヶ月〜3ヶ月くらい)
  • 手術後は、元の状態に戻せないこと

いずれも頻繁に発生する事態ではありませんが、万が一の事態を防ぐためには、実績があり最新設備の整った信頼性の高いレーシック医院を選びましょう。


レーシック眼科クリニックランキング!
  • 品川近視クリニック - 世界最高水準の最新機器を導入し、安全性の高いレーシック治療
  • 神奈川クリニック眼科 - 東京、大阪が拠点のレーシック・視力回復手術専門施設。
  • 錦糸眼科 - 近視手術、視力回復手術、レーシック手術等、国内最多の治療実績。
  • 眼科松原クリニック - レーシックを中心とした視力回復手術の実績は、8,000症例を誇ります。
  • 加藤眼科 - 最新の設備を備えて患者様本位の治療を行っております。