上皮欠損

上皮欠損とは?

上皮欠損とは、手術中に角膜の表面の上皮が一部むけてしまう、レーシックの合併症の一つです。高齢の人や以前に角膜に傷を負った方に起こりやすい傾向があります。

多くの場合、医療用コンタクトレンズの装用や点眼治療などに治りますが、視力の回復にやや時間がかかることがあります。