正乱視

正乱視とは?

正乱視とは、平行な光線が一点で像を結ばず、方向によって像を結ぶ位置が違う対称性をもった乱視のことです。メガネによる矯正が可能です。

多くの場合、角膜のカーブがボールのように完全な球面ではなく、ラグビーボールのようにひずんでいるために生じますが、水晶体の経年変化などでも起こります。