細隙灯顕微鏡検査

細隙灯顕微鏡検査とは?

細隙灯顕微鏡検査とは、細隙灯と呼ばれる拡大鏡を使い、帯状の光を眼に当てて、眼の状態を調べる検査のことをいいます。緑内障、白内障、結膜炎、虹彩炎、など、多くの眼の病気の診断が可能です。