コマ収差

コマ収差とは?

コマ収差とは、レンズの収差の一つです。レンズの軸から離れた一転の像を、軸に直角な平面にうけると60度の角度を持ったすい星のような形の像ができる現象です。レンズの中心部と周縁部とで光の集まる位置が異なるため起こります。