角膜内皮細胞検査

角膜内皮細胞検査とは?

角膜内皮細胞検査とは、レーシックの適応検査の一つで、スペキュラーマイクロスコープという器械を用いて行います。角膜の内皮細胞を撮影し、その数、大きさ、形を測定します。内皮細胞の数が1500を下回る場合は、レーシック手術を受けることができません。