角膜上皮細胞

角膜上皮細胞とは?

角膜上皮細胞とは、角膜を構成する5層のうちの一つで、角膜の1番表面の層です。数層の角膜上皮細胞からできており、その表面は涙により保護されています。

上皮細胞は細菌などの付着から眼を守り、代謝機能を持っています。